痛風にならないために生活改善|予防でいつまでも健康体

四人の男女

注意点と水分補給

老人と犬

痛風の予防として避けるべき食品があります。それは海老や干物などのプリン体を含む食品です。また、積極的に摂取すべきものもあります。それは水分補給です。お茶や水を1日にたくさん摂取することで、尿酸値を下げることができるのです。

Read More

アルコールと運動

窓とカーテン

アルコールを摂取すると尿酸値が上昇します。この上昇を抑制するためにアルコールを控えることは痛風の予防になります。また、日々適度な運動をすることも重要です。通風の患者の傾向のひとつとして肥満がありますので、標準体重を超えないように運動をすることも大切なのです。

Read More

食品とダイエット

植物

食品の重要性

痛風は尿酸値が高くなることで生じる病気のことです。この尿酸値が上がったり、下がったりするのには食生活が大きく関係しています。そのため、食生活を見直すことによって尿酸値をコントロールすることができます。それでは、どのような食事をすればよいのかというと、栄養バランスの良い食事を摂ることや規則正しい食生活を行うことが、重要です。後者の場合には、朝食を抜くこと、暴飲暴食、夜食を食べるなどといった食べ方があります。このような食生活を送っていると、痛風になる可能性があります。痛風の予防に効き目のある食品はレバー、かつお、いわしなどがあります。こうした食品を積極的に食べることによって痛風の予防にもなります。

ダイエット

痛風の予防において注意すべきことがあります。それは無理なダイエットです。痛風の患者の傾向として挙げられることは、標準体重を大幅に超えていることです。そのため、痛風の予防として標準体重に近づけるためにダイエットをする人が多いです。しかしながら、無理なダイエットをしてリバウンドをしてしまうと、逆効果になります。それというのも、栄養バランスがどうしても偏ってしまうからです。したがって、ダイエットをするのであれば1ヶ月から3ヶ月などの長期計画を立てた上で行うことをおすすめします。栄養バランスがとにかく大切なのです。なお、アルコール飲料を控えることも重要です。アルコールは尿酸値を上昇させる働きがあるからです。

水分補給と食事療法

サプリメント

汗をかいたときに尿酸値が上がるので、そのときに水分補給をすることは痛風の予防になります。また、食事療法としてアルカリ性の食品を食べることも効果的です。他にも、ストレスを解消することも、重要なことです。

Read More