痛風にならないために生活改善|予防でいつまでも健康体

夫婦

アルコールと運動

窓とカーテン

アルコールと水分

痛風の予防として行うべきことは、アルコール飲料をあまり摂取しないことが挙げられます。アルコールというものは、尿酸値を高める働きがありますので、あまり過剰に摂取することがないような生活を送ると痛風の予防につながります。社会人になると仕事の付き合いがあるので、アルコールを飲む機会が多いです。そのため、飲むのはかまわないのですが、過剰に飲まないことや飲料休肝日を作ることが大切になってきます。また、水分をたくさん摂取することで尿の量を増やすことも効果的な痛風予防です。排出される尿の量が多いということは、尿酸の排泄量も増加するということだからです。毎日、こまめに摂取するようにしましょう。そうすると、痛風予防になります。

運動

痛風の予防として体内にある尿酸をアルカリ性に変えるというのもひとつの手段です。その方法にはどのようなものがあるのかというと、海藻、野菜、大豆などを多く摂取することです。これらの食品には尿をアルカリ性にする働きがあるのです。また、適度な運動屋ストレッチを行うことも重要なことです。痛風の患者に多く見られる傾向として肥満が挙げられます。この肥満は食べすぎや運動不足によって引き起こされるものです。そのため、肥満にならないように、日々運動をして体重が標準体重を上回らないようにしましょう。しかしながら、注意点もあります。高尿酸血症の人は激しく運動をすると尿酸値が上がることもありますので、無理な運動は厳禁です。