痛風にならないために生活改善|予防でいつまでも健康体

夫婦

水分補給と食事療法

サプリメント

汗と水分補給

痛風の予防としてもっとも効果のあることは、こまめに水分補給をすることです。喉がかわいたら水分を積極的に取るようにしましょう。たとえば、激しい運動をして汗が出て喉がすぐに乾きます。そうしたときに我慢せずに水分を摂取すると尿酸値を下げることになります。特に、汗をかいたときには水分を補給するようにしましょう。それというのも、汗が出るときは尿酸値が高まっているときなのです。そのため、水分を補給することで、その高まった尿酸が尿に溶け込み、尿として一緒に外に排泄されることになります。これは痛風の有効な予防になります。しかしながら、この水分補給で大切なことがあります。それはアルコール飲料やソフトドリンクを飲まないことです。

ストレス解消と食事療法

ストレス解消を行うことも痛風の予防になります。意外に思われるかもしれませんが、ストレスが蓄積されると痛風になりやすい傾向があるのです。痛風患者に多いのは30代以上の男性に多いのですが、この年代は仕事のストレスが蓄積しやすい年代です。ストレスがたまって暴飲暴食やアルコールの過剰摂取をすると、さらなる体の負担になります。そのため、ストレスをためない生活を送るか、きちんとリラックスすることができる趣味を持つことが痛風予防の上で重要です。もちろん、わかめ、ひじき、じゃがいも、人参などのアルカリ性の食品を積極的に食べることも効果があります。それというのも、アルカリ性の食品は尿酸値を下げることができるからです。